Top > 活動 > 市販の家計簿 名称は分らず

市販の家計簿 名称は分らず

A4サイズの家計簿で、普通に購入したら、せいぜい100円程度のもの。 ホームセンターなどで普通に販売しているもので、 日付、項目、品目、金額、そして残額などを詳細に書き込めることができ、 極めてシンプルで一般的な家計簿。 当時は単純にパソコンに疎く、また書き込んで都度収支状況を考えた方がいいと思い込んでおり、 またとても安価だったため。 家計簿の良さは、毎日つけることで自分の生活状況を毎日把握して、都度反省をする機会を持てること。但し、一旦 仕事が忙しいなどの理由で、家計簿をつけることができない場合、その詳細を思い出しながらつけることになり、 そして徐々にイヤになってやめてしまうことが多く、私の場合、1か月続いたことがなかった。 家計簿をつけることが生活習慣の一部になってしまえばいいのと、あとは生活を切り詰めて、旅行に行きたいとか なんらかの目標があれば続けられるのではないか。 節約術

活動

関連エントリー
市販の家計簿 名称は分らず人々が歯医者に通う理由(不純な動機でもいいじゃない)主婦は大変テスト