Top > 趣味 > ドルやユーロの為替

ドルやユーロの為替

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨をトレードして利幅を狙う商品です。

 

買ったり売ったりの値段は常に動いています。

 

それが為替相場です。

 

テレビのニュースをみているとドルやユーロの為替相場の話題が流れるケースがあります。

 

「ただいまのドルは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表現しています。

 

言い換えると、FXには買いと売りの両方の価格が存在している事を表しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示している取引業者もあります。

 

平常時には売値の方が低い値段になっています。

 

私達が買値は高く、売値は安くなるものです。

 

この差分をスプレッドといい、取引業者の利益とされています。

 

スプレッド幅は業者によって変化します。

 

スプレッドの差はあなたにとって負担になるので、小さい業者をセレクトするほうが得します。

 

ただし、同じ会社でも場面に応じてスプレッドの幅は変動します。

 

仮に普段は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても為替の上げ下げがとても激しい場面では1銭よりも広くなったりする状況があります。

 

という事で、スプレッドの広さが狭いのと同時に変化しないのが必要です。

 

近頃では決まったスプレッドを示す取引会社もいろいろ存在します。

 

現実にFX取引会社の取引画面の上でマーケットを確認しなければ判断できないのでわずらわしいですが、重要な事です。

 

大切な財産を使ってトレードをするのだから実際のエントリーの前に、興味を持ったFX会社の新規口座開設を全部して、表示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

 

同じペアでもその時点の市場の変動率によって通貨のスプレッドの差は変わります。

 

普通は、インターバンク市場で売買高が多い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さくこの他のペアではスプレッドが広がる傾向にあります。

 

趣味

関連エントリー
ドルやユーロの為替妻がリフォームしたがって、車どころじゃないよ~多額のお金が必要テスト